モデルの佐田真由美さんが心がける6つの美の秘訣

佐田真由美さんは、アメリカ人クォーター。
3歳からモデルをしており、21歳のときにViViの専属モデルとして活躍。

 

29歳には、宝石ブランドを設立、モデル兼ジュエリーデザイナーとしても幅広く活躍しています。

 

一つ一つのパーツがはっきりして、かっこいい顔つきの佐田真由美さんはどのような方法で、美肌をキープしているのか、紹介します。

 

【佐田真由美の美の秘訣】

 

・アルガンオイル
佐田真由美さんは、美の秘訣にモロッコのアルガンオイルを愛用と雑誌のインタビューで答えています。

 

アルガンオイルは、ビタミンEやオレイン酸が豊富で、アンチエイジングに効果的。
顔だけでなく、髪の毛や全身のケアにも利用できる万能オイルです。

 

アルガンオイルの使い方のポイントは、入力後の身体の水をふき取る前につけるのがおススメ。

 

水分が完全に蒸発する前にオイルで身体をコーティングすると、身体についている水分で保湿できるので、より美肌に近づくことが出来ます。

 

・野菜たっぷりの鍋が大好物

 

抜群のスタイルを維持するため、普段から炭水化物を控えているという佐田さん。
中でも野菜たっぷりの鍋がとても大好きで、キャベツきのこ、もやし、ささみの具がお気に入りだとか。

 

・酵素八十八選

 

こちらの酵素は、佐田さんがずっと愛用している酵素後リンクで、88種類の厳選された酵素がベース。

 

また身体を冷やさないよう、年中温かい飲み物を取るようにし、中でもごぼう茶は、大のお気に入りとして愛飲しているとか。

 

・バランスボール

 

運動も積極的に行っている佐田さん。
中でもバランスボールは、よく利用するアイテムで、体幹を鍛えるため、テレビを見ながら、携帯でおしゃべりをしながら、などいす代わりに愛用しているとか。
時々バランスボールに座りながら、食事をすることもあるみたいよ。

 

・整体

 

メリハリのあるプロポーションを維持するため、時々整体にも通うという佐田さん。
ゆがんでしまった骨盤のズレを強制するのが目的。

 

骨盤のゆがみは、美容、ダイエット効果を阻害するだけでなく、女性特有の体調不良の原因となるので、佐田さんのような定期的なリセットが美容と健康維持には、おススメです。

 

・石鹸を使用しない、

 

もちもちの肌を維持している佐田真由美さんは、洗顔石鹸を使用しない主義。
石鹸の洗浄効果で肌ダメージが深刻になるのが心配という理由があるようです。

 

佐田さんおススメの洗顔方法は、冷たい水と温かい水を交互に使った洗顔です。
一部では、ヒートショックプロテインと呼ばれている方法で、冷たい水と熱を交互に使うことによって。新陳代謝機能を活発にすること可能で、若々しくみずみずしい肌を維持するには、ぴったりの方法です。

 

やり方は簡単。
ボールに氷を入れた冷たい水を入れます。
次にレンジでチンしたタオルを準備し、後は、温かい水、冷たい水を交互に肌に使うだけ。

 

温かい水を直接肌につける、もしくは先ほど準備したレンジでチンのタオルを肌にパックのようにあてて、毛穴を開き、皮脂や汚れを浮かせます。

 

次に、氷水で顔を引き締めます。
この動作を繰り返し行うことによって、血液、リンパの流れを改善し、美肌を目指すというもの。

page top